弾き語りに心強い味方!「フットタンバリン」の自作と、その効果について

ハヤシユウ(@884yuu)です。みなさん、フットパーカッションってご存知ですか?

足に装着して、足踏みをするたびにパーカッションを鳴らしてくれるアイテムです。

機構自体が単純なので、なんとか自作できるんじゃないか?と思い、家にあった木材の端材と100円ショップのアイテムで制作してみました。

なにはともあれ、まずは完成品をご覧ください。

完成品

完成品

いやー。手作り感満載でかわいいですね。でも音はけっこう鳴らしてくれるんですよ。こう見えて。

中にタンバリンの鳴り物、外側に鈴がついています。

音はどんな感じなの?というのはこちらから確認できます。

はい。タンバリンというよりは、完全に鈴ですが、これを鳴らすことでなんか盛り上がってる感じになるんですよ。肌感覚ですが、お客さんも手拍子してくれる率が上がります。

(よく聞くと、鈴の「シャン」の前に、タンバリンの「チャ」という音が聞こえる)

100円ショップで用意するもの

タンバリン

分解前の写真を撮り忘れてしまったのですが、要は中に金属の鳴り物が入っていて、分解しやすそうであればなんでも良いです。

このタイプのタンバリンであれば、工具もなしに引っこ抜くだけで分解できました。

分解した100円ショップのタンバリン

分解した100円ショップのタンバリン

この金属円盤の鳴り物のことを「ジングル」というらしいので、以後ジングルと表記します。

 

ゴムベルト

旅行用品とか引越し用品のあたりにおいてあるやつ。ゴムのベルトで、けっこう伸び縮みします。長さ40cmって書いてあるやつを買ったらちょうどよかったです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゴムベルト

ベルトは、完成品を靴に装着するときに使います。

自作フットパーカッション装着

自作フットパーカッション装着

 

フットパーカッションを作る

適当な端材を使って土台を作ります。この時点ですでに見た目がアレなので、見た目にこだわりたい人は形を工夫するとか、塗装してみるとか、色々実験してみてください。

適当な端材

適当な端材

中に空間を作るため、真ん中につっかえ棒的なものを入れておきます。安定性的には両端に位置したほうが良いのですが、何も計算していなかったせいで、両端に置くとジングルがひっかかる様になってしまいました。ということで真ん中に一本。

ジングルを仮置きして、場所を決定。もとのタンバリンに8枚・4組ついていたので、余すことなく並べます。

鳴り物を並べる

ジングルを並べる

お互いがぶつかったり、木材のパーツにぶつかったりすると、音が響かなくなってしまうので注意。

仮置きした段階で、ジングルの穴の中にキリなどを使い小さな穴を開けておきます。キリがなければペンでマーキング。

 

このジングルが向かい合わせになり、間に棒が通っていることでシャンシャンとぶつかりあうのですが、その棒の代わりに釘を打ちます。

そしてさきほどの2枚の木材をくっつけていく。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

仮置きした位置に釘を打っていく

 

そうして、なんとなく完成したものがこちら。

このままでは鳴りが弱い&ずれてしまう

このままでは鳴りが弱い&ずれてしまう

しかし、圧倒的に元のタンバリンより鳴りが弱いです。木材への接地面積が大きく、すぎに振動が吸収されてしまうのでしょうか。

あとは、靴が前下がりになっているので、足踏みするたびにパーカッションが前へずれていき、やがてとれます。

 

問題が発生したらそのつど改良していくスタイル。

つっかえ棒装着

つっかえ棒装着

前にずれないように、段差を作りました。

これがあることで、地面と平行にパーカッションを装着できました。

自作フットパーカッション装着

自作フットパーカッション装着

 

「鳴りが弱い」の対策ですが、パーカッションの前方に、鈴をつけました。もはやタンバリン関係ない。

もう一度、改めて完成品をご覧いただきましょう。

完成品

完成品

とまあこんな感じでですね。なんか楽しかったのでみなさんも作ってみてください。

フットタンバリンの効果

  • 金属のパーカッションは華やか
  • 両手が塞がっていても鳴らせる
  • 足元は注目されないので音に意外性がある

先程も書いたのですが、こう、金属の鳴り物が入ることによって華やかさが増し、盛り上がっている感じがします。

また、足で気軽に鳴らせるので、ギターの弾き語りなどで「もう一つ何か音がほしいな」、というときに大活躍しますよ。

お客さんは足元に注目していなので、いざという時に鳴らすとけっこう驚かれます。意外性がある飛び道具。

Twitterでつぶやいてます

記事の内容が気に入りましたら、ぜひtwitterアカウントもチェックしていただけると嬉しいです。
フォローしていただくと更新情報や気になるコンテンツをタイムラインにお届けします。



著者プロフィール

Yuta Kobayashi

「ハヤシユウ」名義で活動しています。

作編曲家。1993年長岡市生まれ、現在は新潟市と長岡市のハイブリッド居住生活。かわいくてポップな音楽を作っています。

2015年からは不定期でライブ活動も行っています。 音楽メディア「NIIGATA MUSIC POST」運営。 将来は新潟に音楽図書室・ライブハウスを作ることが目標。

詳しいプロフィールはこちらから。

PROFILE | ハヤシユウ official web site
URL :
TRACKBACK URL :