デジタル製版が可能にする、「低予算・簡単・高品質・小ロット」を実現するオリジナルTシャツ作り!

こんにちは。今日はあまり教えたくないけど、でも教えたくなっちゃうTシャツ作りについて、さくっと書いてみたいと思います。

アーティスト活動をしている方にとっては、オリジナルのTシャツは憧れのアイテムですよね。しかし、小ロットの場合、業者に頼むと高くついてしまって、結果的に1枚の原価が2,000円もかかっている、なんてこともあります。百枚以上頼むと単価も安くなるところが多いですが、そんなに売れるかわからないし(だいたい売れない)。

シルクスクリーンをデジタル製版で

今回はオリジナルのTシャツを「シルクスクリーン」の技法で制作します。

シルクスクリーンはTシャツ作りに興味がある方なら、一度は目にしたことがあるであろう、一番オーソドックスで、高品質なプリントが可能な印刷方法です。インクを通すメッシュ素材に、インクを通さない部分を作り、版を制作します。その上からインクを伸ばすことで図柄を印刷します。

シルクスクリーンのプリントは何回選択しても薄れることはなく、非常に強い定着をするので、高品質なTシャツ作成ができます。一方で、問題点としては、その版制作がまあまあ面倒くさいこと。

一般的な作成方法は、

  • 枠にメッシュ素材を(上手に)張る
  • メッシュ素材に観光乳液を(上手に)塗る
  • 観光乳液を(上手に)乾かす
  • 図柄を押し当てて、(上手に)露光する
  • 乳液を(上手に)洗い流す

という具合に手順があり、それぞれそれなりに技術を必要とします。

僕自身もいずれか挑戦してみようとは思っているのですが、最初のうちは「デジタル製版」で試してみることにしました。デジタル製版は、プリンタで印刷する容量で図柄を版にしてくれるヤバいやつ。

製品情報:デジタルスクリーン製版機 ゴッコプロ製品情報|RISO

楽ちんではあるのですが、こんな機械、置き場所もなければそもそも買えるお金もありません(ざっと100万円)。

しかし、この機械を持っている「レトロ印刷JAM」さんに頼めば、なんと一つの図柄を1,000〜2,000円前後(サイズにより異なる)で製版してくれます。うおーー!!

ご注文-遊びからはじめるシルクスクリーン-

 

作業の流れ

サイズを選んで、データを入稿 。すると、データチェックの後にこんなのが届きます。

デジタル製版の版

デジタル製版の版

今回はXSサイズで800円でした。製版が800円ってけっこうヤバい!デジタルじゃない通常の製版は5,000円〜10,000円くらいすることが多いです。だからTシャツ制作の初期費用って高いんですけど。それが800円。ありがたい。

このぴろぴろしたメッシュを、枠にはめていくわけですが、これまたレトロ印刷JAMさんの「SURIMACCA」を使用しています。こっちは3,333円。自分で用意した枠に張ることも可能ですが、これまた最初のうちは難しいので、SURIMACCAで楽に張っちゃいましょう。

SURIMACCAで版制作

SURIMACCAで版制作

ゴムを押し込んでいくだけで、簡単にメッシュをピンと貼れます。網戸のメッシュを枠に差し込むのと同じ原理ですね。ここがゆるゆるだと印刷がうまくいかないのです。

版が出来上がったら、Tシャツの上にセットして、インクを用意。今回は空色のインクにシルクスクリーンメディウムを混ぜて使用しました。

インクを用意

インクを用意

シルクスクリーンメディウムは無くてもいいんですが、乾燥を遅らせることができるみたいなので、これまた初心者には重宝しています。一回買ってしまえばだいぶ持つのでオススメ。

僕は30分くらいインクを出しっぱなしにしてゆったりめに作業していたんですが、乾かずにすべて使えました。

 

インクを用意したら、いよいよ印刷です。印刷は、スキージと呼ばれる専用のヘラでインクを伸ばしていきます。これはSURIMACCAを購入すると一緒についてくるので、まずは購入しちゃうのが早いと思います。

もちろん、硬めのゴムやシリコンのまっすぐな素材であれば代用もききます。

プリントの様子

プリントの様子

版を持ち上げると、図柄がきれいに印刷されています。シルクスクリーンでの一番の感動ポイント!

きれいに印刷できました

きれいに印刷できました

コツとしては、自分が思っているよりも強い力で伸ばすこと。最初のうちは力が足りずに印刷されていない・かすれていることがよくあります。

失敗例の写真を撮り忘れてしまいましたが、僕も最初は数枚失敗しまいた。

失敗したら、そのまま練習用にしてもいいですし、5分以内くらいであれば、水洗いでインクが落ちます。水洗いで目に見えるインクを落としたら、すぐに洗濯すればだいたい真っ白に元通りになりますよ。

10分以上たってしまうと、その日の気温や湿度にもよりますが、定着してしまって洗い流せなくなります。

よくある失敗パターン(1)シワの部分に印刷されない

シワの部分に印刷されていない

シワの部分に印刷されていない

版を置く前にきちんと生地を伸ばしましょう。手で伸びなかったらその場で焦らず、あとでアイロンをかけましょう。失敗したほうがだるいので。

よくある失敗パターン(2)汚れた手で触ってしまう

作業中にどうしても手が汚れてしまうことがあると思いますが、そのまま作業をすると「どんなに気をつけていても」絶対に生地を汚します。汚れに気付いたら、すぐ拭く。拭き取るようのウェットティッシュやタオルを近くにおいておく。

手についたインクで服を汚しがち

手についたインクで服を汚しがち

あとは、インクが乾いていないうちに服を持ち上げるときも要注意。下からすくい上げるように、両手でやさしく持ち上げましょう。片手で持つと高確率でインクが別の部分についちゃいます。

かかったお金

さて、今回「Niigata Music Post」Tシャツを10枚作ったのですが、かかったお金はどのくらいか、公表します!

  • Tシャツ本体:4310円(@431円×10枚)
  • 版代:800円
  • SURIMACCA:3,333円
  • インク代:約200円(概算)
  • 合計:8,643円

合計8,643円。1枚あたりの原価は約864円ということになりました。販売するときは、少なくとも1,000円以上なら利益が出そうな感じです。

SURIMACCAは一度購入してしまえば枠として何度でも使用できるので、これをかかったお金に入れないとすれば、合計5,510円。一枚あたりの原価は約551円。どうですか?めちゃくちゃ安くないですか!

このあと製品用に包装をすると+100円くらいでしょうか。

 

購入リンク

Tシャツはこちらのサイトで、「United Athle | 半袖無地Tシャツ5.6oz(メンズ)」を購入しました。インクもこちらのサイトです。

Tシャツメガショップ Tshirt.st 無地Tシャツ1枚99円から《即日発送OK》

何度も登場している、シルクスクリーン用の枠SURIMACCAはこちら。

SURIMACCA-遊びからはじめるシルクスクリーン-

デジタル製版も同じページから。

ご注文-遊びからはじめるシルクスクリーン-

 

まとめ

タイトル通り、「低予算・簡単・高品質・小ロット」のTシャツ制作ができました。

  • 低予算:原価@550円(10枚の場合、概算)
  • 簡単:製版作業がいらない
  • 高品質:シルクスクリーン印刷が手軽にできる
  • 小ロット:1枚から製作可能

ぜひみなさんも時間と興味がある方はお試しください!オリジナルグッズの一助になってくれるはずです。

 

僕が制作したTシャツ

最後に宣伝ですが、制作したTシャツをネットショップで販売しています。チェックしてね。

Twitterでつぶやいてます

記事の内容が気に入りましたら、ぜひtwitterアカウントもチェックしていただけると嬉しいです。
フォローしていただくと更新情報や気になるコンテンツをタイムラインにお届けします。



著者プロフィール

Yuta Kobayashi

「ハヤシユウ」名義で活動しています。

作編曲家。1993年長岡市生まれ、現在は新潟市と長岡市のハイブリッド居住生活。かわいくてポップな音楽を作っています。

2015年からは不定期でライブ活動も行っています。 音楽メディア「NIIGATA MUSIC POST」運営。 将来は新潟に音楽図書室・ライブハウスを作ることが目標。

詳しいプロフィールはこちらから。

PROFILE | ハヤシユウ official web site
URL :
TRACKBACK URL :