牧場勤めの作曲家をやめて、フリーの作曲家になります

タイトル通りです。この手の話、何回目だ・・・と自分でも自分に呆れています(笑)

長岡で半年間働いてました。

フリーの作曲家をやめて、牧場勤めの作曲家になります

 

2月時点では、お金を稼げるセーフティネットもあるし、兼業もいいな!と思っていたんですが、やっぱりいざ始めるとギャップはつきもので。3月~4月はけっこうヒィヒィ言ってました。ここ最近は仕事にも慣れてきて、いい意味でも悪い意味でも落ち着いてきました。

そろそろ自分の中の風が新しいところへ吹きたがってたので仕事をやめちゃいました。

これからやること、ざっくり(いつものごとく、これも気分次第ですが)。

Niigata Music Post

新潟県内の音楽情報を引き続きまとめていきます。仕事は土日も出勤が多かったので、この半年は実質お休みみたいになってしまい、それはけっこうしんどかったです。

最終的な目標は、音楽に関する自分のお店を持つこと。その勉強のために色々なお店を取材している、という側面が大きいです。新潟の音楽文化がどうなろうと、実際あまり興味はありません。

まあでも、気軽に音楽を楽しめる空間が増えたら、音楽がもっと身近になるのは間違いないです。アングラなライブハウスじゃなくて、僕はそういう場所やイベントを大切にしたい。

WEBメディア「Niigata Music Post」を始めた理由―学びの発信は、誰かにとっての学びになる

 

BGM素材制作・販売

仕事をやめたことで、もちろん収入は音楽の仕事のみとなりました。自分で作るセーフティネット実現のために、まずはストック収入を増やしたいな、と思っています。

僕自信が仕事でBGM担当をしていて気がついたのは、BGMを探す・使うときは、単体でアップロードされている曲よりも、テーマごとにまとまっている曲を選ぶ、ということ。

ネットラジオのBGMチャンネルもそうですが、youtubeの「moring jazz」とか「Relax Hawaiian」みたいなのをよく聞いてました。テーマごとにまとまっているとその中でもお気に入りが見つけやすいし、音量や質感が揃っていて聞きやすい、というのも大きいです。

ということで、僕もこれをやってみようと思います。今度からテーマごとに4~5曲作って、まとめて動画にしてアップロード。販売は、単体がストックミュージックサービスに投げて、まとめ売りはデジタルファイル対応のネットショップ、とかにしようかな。

 

音楽の勉強

仕事の反動からか、もっと音楽を学びたい!という意欲が最近大きくなってきました。

海外留学にも興味が出てきています。音楽を学びに行く、というよりは音楽の文化、海外のDTMの雰囲気、などを見てみたいな、と思っています。ただヨーロッパは音楽学校の学費がめちゃくちゃ安いので学校に行くのもおもしろそうだし、何よりブログなど発信のネタになります。

音楽留学ってまだまだクラシック畑の人が多くて、そこら辺の専門学校出のDTMerが行ってるイメージってあまりなくて。今は行きたい願望だけですけど、こうやってアンテナを張ってみることがまず何より重要なんだと思います(^^)

URL :
TRACKBACK URL :